catch-img

地方企業が即戦力人材を採用する方法と見極めポイント

事業拡大や欠員の補強、教育リソースの不足などにより、即戦力となる人材の確保が急務となっている企業さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

即戦力の確保を目指す際に有力な採用戦略として、実務経験のある人材を対象とした中途採用が挙げられます。しかし、地方は都市部よりも有効求人倍率が高く、採用の競争性が高いといった課題があります。(※2021年4月時点)

そこで今回は、即戦力となる人材を確保するための方法と人材を見極めるポイント、地方における中途採用の方法について解説します。


目次[非表示]

  1. 1.即戦力人材の採用を成功させるための準備
    1. 1.1.求める人物像を明確にする
    2. 1.2.フォローアップ体制を整える
  2. 2.即戦力人材を見極めるポイント
    1. 2.1.①自社の社風とマッチするか
    2. 2.2.②周囲を巻き込む影響力があるか
    3. 2.3.③自社への期待やキャリアプランにどのような考えがあるか
  3. 3.即戦力人材を効率的に採用する方法
    1. 3.1.地方企業が人材を獲得するためには人材紹介サービスを利用する
  4. 4.まとめ


即戦力人材の採用を成功させるための準備

企業の即戦力となる人材の採用活動を始める前に、どのような人物が即戦力となるのかを明確に定義することが重要です。即戦力人材の採用に向けた準備として、以下を参考にしてみてください。


求める人物像を明確にする

自社が必要とする人物像を明確にします。

「チームや部署のリーダーとなる人材が必要」「現場ではなく組織をマネジメントする人材が必要」など、求める人物像の詳細を決めます。この際、業界経験年数や必要な資格などの条件まで落とし込むようにしましょう。


フォローアップ体制を整える

採用した人材が新しい職場ですぐに活躍できるように、フォローアップ体制を整えることも重要です。

実務経験を積んだ中途人材とはいえ、入社後すぐの段階では業務の手順や進め方を把握できていません。管理職やマネジメント人材の早期戦力化を目指すには、以下のような取り組みが必要です。

  • 社内体制への理解を深めるための教育を実施する
  • 部下の育成や経営に関する研修制度を導入する

自社の社風や組織体制に慣れるための教育、管理職やマネジメント人材向けの研修制度の導入も有効です。これまでの経験・スキルを活かせるような課題やポジションを与えることで、即戦力人材の早期戦力化が期待できます。



即戦力人材を見極めるポイント

中途採用によって即戦力人材を獲得するためには、希望者のポテンシャルを見極めなければなりません。ここでは、即戦力人材を見極める3つのポイントをご紹介します。


①自社の社風とマッチするか

見極めが必要なポイントの一つが、「自社の方針や企業理念にマッチしているか」という点です。たとえ経験やスキルが優れていても、社風に合わない場合は早期退職を招く可能性も考えられます。

採用面接では、仕事に対する姿勢ややりがいをヒアリングし、自社の価値観に共感してもらえるかを測ることがポイントです。


②周囲を巻き込む影響力があるか

リーダーや管理職、マネジメントを担当する人材にはチームからの信頼と協力を獲得つつ、人を動かすための影響力が求められます。採用面接では、対人関係を良好に維持し、周囲を巻き込む力があるかどうかの見極めが必要です。

これまでに成し遂げたプロジェクトの内容や進め方などをヒアリングすることで、仕事への取り組み方や周囲に与える影響力などを測るのがポイントです。


③自社への期待やキャリアプランにどのような考えがあるか

入社後のミスマッチを防ぐために、自社に対して抱いている期待やキャリアプランについて求職者に確認しておくことも大切です。

求職者が自社で成し遂げたい業務や希望するキャリアプランをヒアリングすることで、自社の期待に沿って活躍できる人材かどうかを判断できます。



即戦力人材を効率的に採用する方法

実務経験のある人材を対象とした中途採用は、即戦力人材を獲得する方法の一つです。

しかし、採用の競争性が高く、知名度が低い地方企業では「求人を出しても応募がない」「大手企業に埋もれてしまう」などの課題があります。求人広告を出すだけでは、優秀な即戦力人材を獲得するのは難しいのが現状です。


地方企業が人材を獲得するためには人材紹介サービスを利用する

地方企業が即戦力人材を確保していくには、自社が求めるニーズを絞り、積極的にアプローチできる手法を取り入れることが重要です。

人材紹介サービスを利用すれば、自社が示す条件に沿った転職希望者の紹介を受けられます。自社が求める人材にマッチする候補者を紹介してもらえるため、ミスマッチが起きにくいのがメリットです。

また、選考のスケジュール調整や合否連絡なども人材紹介会社が代行するため、人事担当者さまの労力も削減できます。

UIターン人材の紹介を行っている会社もあるため、求人広告で応募が少ない地方でも人材を確保しやすいのが特徴です。即戦力人材の採用を目指す地方企業の人事担当者さまは、人材紹介サービスの活用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

エンリージョンは、全国にUIターン転職サービスを展開しているリージョナルキャリアに加盟し、複数の地方拠点からUIターン転職を中心とする人材紹介を行っています。企業さまへのヒアリング、人材に対するリサーチを徹底して行ったうえでマッチングする人材をご紹介。入社辞退や入社後のミスマッチを防ぎます。


​​​​​​​

まとめ

管理職やマネジメント人材として早期戦力となる人材を採用するには、自社が求める人物像を明確にし、入社後の教育環境やフォロー体制を整えることが重要です。

スキルや経歴だけでなく、自社の社風にマッチするか、対人影響力に長けているかなどの見極めもポイントといえます。

都市部よりも人材採用の競争性が高い地方の企業においては、求人広告を出すだけの“待ちのスタイル”では欲しい人材からの応募が得られないこともあります。人材紹介サービスを活用し、効率的に即戦力人材の確保を目指してみてはいかがでしょうか。